指針のその先へ

ブログの更新が進まないのはアレです、原稿が大詰めだから。
……なのは確かなんだけれど、夏バテ気味でモチベーション維持がなかなかできていないというのもまた事実。

とりあえず原稿は一旦作り切る所まで行こうかと思います。
まだ頒布は先だけれど、先に流れを確立しておいた方がいい。

…そこまでいければ、このブログも安定して更新できるはず、多分…。
しかしやっぱり日記的な運用がしたいなぁ。
このUIだとついつい記事的なものを書きたくなる。
VOCALOIDカタログも場合によっては凍結かなぁ、まあその場合も転載を視野に非表示にするだけで…。

伝手の遥か先

最近原稿ばかり書いててDTMが進まない…一段落すれば…。

てなわけで?息抜き、知り合いが音源やってるUTAUがVtuber化に伴って再活動し始めたので配布された新連続音音源を使って歌わせてみるテスト。

 

soundcloud.com

音雲この貼り方しかねぇのかよでけぇよ

まずは丼深海コンピに収録した曲のカバー。
これぐらいの音域が正直持ち味になりそうな気がする。

soundcloud.com

ついでにもう一曲……間奏部で微妙にずれるのはUTAUの仕様か?
…というか一括連続音変換がいかんのやろうなぁ…あちこちに粗がw

個人使用ならライセンスも緩めだし、どこかで使ってみますか…。
なんならCHARATで立ち絵を用意するのもいい。

フリーエレピ音源:SWEETCASE EP

DTMに関する記事も少しづつ蓄積していこう。
もしかするといつか役に立つときが来るかもしれぬ…。

今回紹介するのは、私がかなりの高頻度で使っているエレピ音源「SWEETCASE EP」
エレピは白玉で鳴らすだけで様になる万年初心者の味方

www.noiseash.com

WIN & Mac(VST/AU)対応、フリーにして高性能…素敵!
DLにはFacebookでLike!かYoutubeでチャンネル登録が必要、どちらかをすると0ドル商品としてカートに追加出来るようになる。

www.youtube.com

実際に使用…というか多用した曲。
これ以外にも多数の曲で愛用している。

長く細く

なんだか最近お役立ちブログの真似事が続きますがアレです。
ブログの体裁を維持するために各種カテゴリの記事を書いてるわけで。

多分この先、「日記」「旅行」「水族館」辺りのカテゴリが出てくるかと。

此処は日記、ライフログであることを忘れずに……細く長く行こう。

マストドン:分散式SNSシステム

テンプレートを変えよう変えようとか思いつつ、寿司が可愛くてなかなか変えられないね。
……まあそれはともかく。
ちょっと長い記事になったので失礼。
その割に中身があるかというと

続きを読む

VOCALOIDカタログ:LUMi

たまにはボカロPらしい記事も書いていこうと思う。
色んなボカロについてのカタログ記事的なものを。

第一回、LUMi。いきなり持ってない子かよ。

f:id:ElectroSurf:20180616192439j:plain

世代:第4世代

発売元:アカツキ・ヴァーチャルアーティスツ

CV:大原さやか

デザイン:深山フギン

モチーフ:ベニクラゲ

 

モチーフであるベニクラゲがこちら。

f:id:ElectroSurf:20180616193038j:plainf:id:ElectroSurf:20180616193138j:plain

クラゲからポリプ状態に戻り、生活環がループしていることで知られる。
実はボカロ曲のモチーフとしてクラゲは割とポピュラーだったりする。

簡単なストーリーを持つボカロで、鎌倉の海底世界「シンカイ」の巫女。
過去の出来事が原因で心に傷を負いながらも、悩みを希望に変える試練に挑む。
(「過去の出来事」が浦島伝説であることを考えると…この子何歳だ!?)

服装や髪色はクラゲを思わせる淡い水色で、ベニクラゲの消化器官の赤色に由来して、目や胸元のリボンは赤い。また怒ると赤く発光し、目から赤い光が零れるらしい。
触手を思わせる撥ねた髪の他、背中にベニクラゲを思わせる釣鐘状の傘を纏っている。
(但し派生画ではミズクラゲ状の場合も多い。底部分からの視点で誤認した…?)

上記のストーリープロットで落ちこぼれというキャラクターを持っており、
海中に浮いたまま足を抱え込んだアンニュイな公式絵が印象的。

www.nicovideo.jp

www.nicovideo.jp

www.nicovideo.jp

(キャラクター利用ガイドラインで、「即売会における有償頒布」が「許諾不要」になっている。同人活動で委託などに頼らないクラスタなら、選択肢になるかもしれない)

出版方針転換

価格やら何やらを勘案した結果、やっぱり本の作成はメディバンで行こうかと。

大部数ならpixiv factoryもいいんだけど…少なくとも最初は小部数から行きたい。

てなわけでメモ。

medibangpaint.com

medibangpaint.com

てなわけで作成中の原稿をメディバンの同人誌用フォーマットに移行。

f:id:ElectroSurf:20180616123736p:plain

やっぱりこっちの方がすっきりする…。

BOOTHは再編集してPDFでも置けばいいかな…。